2010年08月12日

確信の力

ゴルフの石川遼選手が、ブリジストン招待最終日ファイアストーンCC16番で、600ヤード超のコースで2オンに成功というニュースがあった。


このコースでこれまでの2オン成功は4人で、石川は5人目となった。

グリーン手前に池があり、第二打のライも悪かったようだが、「可能性があるなら攻める。」という姿勢がこの結果に繋がった。

石川が、単にゴルフがめちゃくちゃうまい18歳ではなく、本物のプロであるしるしのひとつだ。

見せるゴルフ、ギャラリーを楽しませるゴルフってことだね。




しかし、本当に興味深いのはそのあとで、

この日あと4人の2オン成功者が出たってことだ。



これはなんだろう。


それだけ天候などの条件が良かったてことか。


初日から3日間は無かった訳だし。




おそらくそれは、石川が成功したからではないだろうか。


つまり、目の前に成功する人がいて、同じ条件でプレーしていて、しかも成功者は18歳の若者で、

俺にもできないわけがない、

と確信して第2打を打ったプレーヤーが、増えたのではないだろうか。

何人がチャレンジしたのか知らないが、

石川のチャレンジと成功がなければ、一日5人もの成功はなかったのではないだろうか。

確信の力といえるのではないか。
posted by Fisherman at 11:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。