2010年08月05日

どこにでもいる二人じゃない

蒼井優さんと大森南朋(なお)さんの交際が報じられているが、ふたりともどこにでもいる芸能人じゃない。


蒼井さんは「フラガール」でその存在感を示したけれど、どちらかといえば控えめな印象なんだけれど決して忘れられないし、他の人と間違われることもない、魅力を放った女優だ。


芸能界には詳しくないが、絶対的なファンがたくさんいる、という感じがする。

一方の大森南朋(なお)さんは非常に不思議な俳優だ。

例えば、彼も出演しているNHK大河ドラマ「龍馬伝」の主人公龍馬は、福山雅治の龍馬、あるいは「龍馬伝」の龍馬をやった福山雅治だったりするのだが、大森南朋(なお)にはそれがない。

(どうも、竜馬と書きたいのだが、NHKは龍馬か。)


もともとHNKの「ハゲタカ」で注目されたけれど、鷲津という人物をやった大森南朋でもなくて、大森南朋の鷲津でもないだよね。


つまりもともと鷲津という人物は、大森のような人なんじゃないかと思わせる力がある。

大森は前面に出てこない。鷲津がいるだけだ。そして、大森以外が演じたら、鷲津じゃない、ってなるんじゃないかと思わせる力がある。

別の作品を見れば、ぜんぜん違うってわかるんだけれど。



蒼井優さんとどんな付き合いか知らないけれど、

蒼井さん、センスいいよ。
posted by Fisherman at 23:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。